相手が決まったら挨拶をしましょう

理想の相手が決まって、結婚をするとなると、相手の実家に挨拶をしなければなりません。
挨拶をするときは、緊張するかもしれませんが、結婚することでメリハリが付いて、新たな人生の第一歩を踏み出すことができるので、順序を守って相手の両親に失礼にならないように挨拶をしましょう。
実家に到着をしたら身だしなみを整えてください。
清潔感のある服装と髪型を意識すれば、相手の両親も納得をして話を聞いてもらえます。
携帯電話の電源はオフにして、挨拶をしている最中にアラームや着信音が鳴らないようにしてください。
玄関先で挨拶をするときは、最初に男性から女性を紹介してください。
玄関先では、相手にお尻を向けないように挨拶をして、靴は正面に向いて脱いで両親のところに向かいましょう。
結婚の話をするときは、場の雰囲気が和んでからにしてください。
タイミングを間違えてしまうと、悪い印象を与えてしまうことがあります。
しかし、あまりにも時間をかけてしまうと、緊張感が無くなってしまうので、タイミングには気を付けてください。